猫の涙~ユキドロップス~

~yuki drop~君の涙は私達が受け止めるからね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中 ぽちっとね♪  どうもありがとう♪

 

近状報告。

急に更新をストップしてしまってスミマセン。
もう少しの間、とびとびの更新になるかと思います。
みなさまのところへもお邪魔してはいるのですが、コメントを残す時間がなかなかとれなくて読み逃げになってしまっております。
ちょっとづつになってしまいますが、できる限りコメントも残していきたいと思っております。

なぜ、そんな状態かといいますと、実は3月31日、ゆっちは避妊手術をしてきました。
「まだしてなかったの!?」と驚かれる方がほとんどだと思います。
「どうしてもっと早くやってあげなかったの?」というお言葉も多々あると思います。
もちろん、飼い主としても「もっと早くやるべき」だったという事は重々承知しております。
どうして今になるまでしなかったのか、そしてどうして今することになったのか、
どちらの理由とも結局は飼い主の都合です。
今さら、あ~だったから、こ~だったからと言ってもすべて言い訳にしか過ぎないので伏せておきますが、
今まで手術をしなかった大きな理由として、

1つはとぉちゃのゆっちの体の1部でも欠かしたくはないという事と、もう1つはかぁちゃがゆっちの子供を望んでいた事。

この2つを吹っ切るのに今までかかってしまいました。
本来ならば、もっと幼い頃に手術をしていればゆっちの体・心の負担はもっと軽く済んだかもしれないのに飼い主の都合でゆっちを振り回してしまいました。

そして今回手術を決心した理由としては、将来なってしまうかもしれない病気を1つでも防ぐ事ができるかもしれないという気持ちの切り替えと、いろんな理由でゆっちの子供を断念する事になってしまった事。
ゆっち本人の気持ちを聞きたいところだったけど、それはムリなので飼い主夫婦が十分話し合って納得した上での決心でした。


3月31日、お昼に手術をして当日夜8時にゆっちはお家に無事戻ってきました。
先生曰く、「ゆきちゃんはシャイな子なのでお家で療養された方がストレスが少なくていいかもしれません」と、予定より2時間も早く帰されてしまいました(もともと日帰りの病院なのです)。
おそらく恐怖心で先生達も手に負えないぐらい威嚇しまくってたのでしょう。

現在、ゆっちは順調に回復しているようで食欲◎うんち・おしっこ◎です。
元気もあるのですが、やはり相当なストレスだったようで以前よりとても執拗な毛繕いをしています。
なるべくストレスをかけないように接しています。
飼い主の勝手な考えでとても辛い思いをさせてしまったのにいつものように接してくれるゆっち。
ゆっちに対する感謝の気持ちは計り知れないです。


手術当日から昨日までかぁちゃはブロガーである事も忘れてゆっちの看病をしてきました。
なので写真が全然ありません。
ホントは当日から回復傾向の記事のために撮っておけばよかったのですが、かぁちゃの精神状態とゆっちの心の負担を考えてカメラのポーチすら開けなかった日々でした。
で、やっと本日少し撮る事ができました。

ユキ

ユキ

本日手術から3日目、平気で棚に乗っちゃってます。
かぁちゃ、ハラハラ・・・・。



ゆっちの回復は順調のようですが、実はかぁちゃにはもう1つ心配事が・・・。
とぉちゃのお手てがドラえもんのようです。
――――――そのお話はまた後日。


とんでもなく長い文章を読んでくださってありがとうございます。
今回の事に関していろんな意見があると思います。
どんな意見でも聞きたいと思っておりますので遠慮なくコメントしていってください。


ランキング参加中 ぽちっとね♪  どうもありがとう♪

 

コメント

あら、1番のコメでした^^
そうだったんですか~。無事手術が終わったようで良かったですね!
我が家は1歳の頃に去勢手術をしました。やはり手術をするか、かなり迷いましたがむーちゃんの将来のことを考え手術をしたんです。後悔はありませんが、やはりむーちゃんの子孫を残したかったかな~と思うときもあります。ゆずゆきさんも色々悩んだ結果だと思うので後悔がなければいいと思いますよ^^
ユキちゃん早く万全な体調に戻るといいですね!

ちなみにうちも手術して数時間後には帰宅しましたが、けろっとしてました~。

私もあんみつの避妊手術をしたのゎ1歳にならないうちにしたのですが、
するにあたって相当悩みました。
出産ゎ希望していなかったのですがあんみつゎ避妊手術を望んでいるのだろうか、
先々病気になってしまう可能性を少しでもなくすためにやろうと決断したのですが、
そんなことあんみつにゎわかってもらえないので、
「どうしてこんなことするの?」ってきっと思いますよね・・・。
そんなことを考えると凄く可哀相なことをしてしまうんじゃないのだろうかと悩んだのですが、
先々もし避妊手術をしないことによって病気になったとき、
私ゎ自分のことを責めてしまうと思います。
あんみつの病気になる姿を見たくないと思い、
あんみつの意見を聞かずに私が勝手に決断して手術をしました。
ユキちゃん避妊手術をされたのですね。
ユキの飼い主さんやパパさんが悩んで決めたことですから、
それゎ絶対ユキちゃんにも伝わっていると思います。
そしてユキの飼い主さんの看病がなによりユキちゃんにとって一番ストレスをなくす方法なのでゎないかと思います!
あんみつも手術後と明くる日ゎベッドの下からでてこなくて、
ご飯やお水もほとんどとらずもの凄く心配しましたが、
2日目にやっとベッドの下からでてきてくれて嬉しさのあまり泣きそうになったのを思い出しました。
ユキちゃんが早く元気になるといいですね!!

避妊手術に早いも遅いもないと思いますよ。
だって それは飼い主さん自体が決める事だから。
ユキちゃんが無事手術も終えて元気って聞いて安心しました(´ω`*)
うちも 人懐こい子なのに手術の後、一泊だったんだけど
聞いた事のない声で威嚇してご飯も食べなかったそうです。
だから ストレスでかわいそうなくらいでした。
ユキちゃん、良かったね。
ユキの飼い主さん夫婦は ほんとにユキちゃんを大事にしてらっしゃるんだなってしみじみ感じた今日の記事です。
でも、とぉちゃの手がドラエモン???
へ??
どしたんですかぃ??
怪我で腫れてる?
包帯でグルグル??
心配ですよぉ。

私はどちらかと言うと避妊してあげるのが本猫の為だという考え方なので、ある程度の成長が終わったらすぐにしてました。

やっぱり病気は怖いですもんね!
後は、うちの子たちがみんな不幸な処遇でうちにやってきているからかな?

でも・・・今更溺愛している風のJr.がみたいと言うのも事実なんですけどね(^_^;)

ひめの時もそうだったけど、こちらが心配しているほど手術後元気になってるよね!
ゆっちのおなかもつるつる?(笑)
早く生えてきますように~祈!

避妊去勢については様々な意見がありますよね。
次々子供を生ませて子猫を捨てちゃうようなら避妊は絶対しないとですが、母猫さんに無理をさせない程度で、ちゃんと新しい飼い主さんを見つけてあげる!って誓えば、猫ちゃんに子供を望むことは悪いことじゃないと思います。ペットに子供をのぞむことが悪いという風潮にはちょっと反感を覚えちゃったりするんですよね…。わが家ではベルの子がみんな幸せに暮らしていて、ほんと子供たちが生まれて来てくれてよかったな~。って思うんです。
病気が防げるというのは確かにメリットですよね。猫の発情のストレスはすごいっていいますし。ベルも年齢的に出産はかわいそうになり、ちょっと私のはやとちりもあってもう避妊しましたが。やっぱりはじめはかわいそうで仕方がありませんでした…。でもそれまであった発情もなくなり、手術後もみるみる回復して元気に走り回る姿に励まされましたよ☆
ユキちゃんも家族のみなさんも頑張りましたね!


ユキちゃん避妊手術、無事終わってよかったですね!
猫の避妊去勢や、自家繁殖は賛否両論いろいろな
考え方がありますけれど、結局は
誰よりその子のことを考えている飼い主さんが
決めることで、他人が意見できることでは
ないと私は思いますよ。
飼い主さんが誰よりユキちゃんのことを大事に思っていること
文章からとても伝わってきますよ。
写真のユキちゃん元気そうですね!
このまま順調に回復して、早くもとのとおりになりますように!
ブログや※のことなど気にせず、時間を思う存分使ってあげてくださいね^^

とにかく手術が成功し
術後も順調であることがなによりです。
なるほどー
ユキちゃんの赤ちゃんのことを考えていたのですね~
その気持ち判ります^^
でもそういった気持ちを整理して避妊手術をしたこと
それは飼い主さんでしか解らない経緯や葛藤があったのでしょうね。
ユキちゃんは辛い思いをしたかもしれませんが
今後、健やかに過ごしてもらうためには
何時かは乗り越えなければならない試練ですものね。
ユキ家の皆様方お疲れ様でした^^

姫さま 家族の皆さま お疲れさまでした!
無事帰ってきてくれてホッとしております(^ ^)
私も龍を迎える前にいろいろ調べたり悩んだりしましたー。
なのでかぁちゃさんの気持ちがよくわかります。
そしてすっごい姫さまの事を想ってる気持ちが伝わってきます。
姫さまが元気でいてくれればOKでしょう!
(ノーテンキなコメントでごめんなさい・・)
また元気になったらいろんなお写真見せてくださいね~♪

ユキちゃんの手術だったのですね。
お疲れさまでした。。。
飼い主さんの葛藤、わかります。ウチもももの時がそうでした。
手術なんて・・・って先延ばししてて、何度も発情して。。。
手術した後、獣医さんに、「すごく腫れてた(子宮だか卵巣だかは?ですが)。がんばってたんだね。」って言われて、もっと早くにしておけばよかったって思いました。
術後のユキちゃん、元気そうでよかった。
(ウチの小麦も3日後には網戸によじ登るくらい元気でしたよ ^^;)
早く以前のようにキャップさんで遊ぶくらい元気になるといいね ^^
そうそう、避妊手術後は食欲がUPするかもですよ。
ユキちゃんは大丈夫かな?(笑)

お疲れ様でした~
男の子と違って、女の子・・避妊手術は予想以上に大変なのでしょうね・・。
meも無事に終わりましたが、やっぱり帰ってくるまで心配でした^^;
ユキちゃん無事に終わってよかったですね^^
3日目なのに^^;元気!元気!

こんばんは★
ユキちゃん、手術だったのですね。
実は、うちの猫ちゃん(キノコ)も避妊手術まだしていないのです。。。
飼い主の勝手な都合で・・・。
オスのパクは手術したのですが。
キノコには本当に申し訳ありません。早く連れて行ってあげようと思います。

ユキちゃん、無事に手術終わってよかったですね☆
たっぷりの愛情はユキちゃんにちゃんと伝わっていると思います。。

こんばんは
ユキちゃん、かぁちゃさん、とぉちゃさんご苦労様でした。
ユキちゃんの手術が無事終わり元気で帰って来た。
これだけでユキちゃんは心も体も大丈夫だと感じますよ^^。

そうだったんですね、かぁちゃさん、とぉちゃさん随分悩まれた事でしょう
私達もそうでしたから、今もそうですが・・
私は自然の流れからすれば、これは人間が操作するべき事では
ないと思っています。
でも人間家族の下で一緒にパートナーと暮らして行く以上、
人間側に自分のエゴで子供はいらないというのでなく、
ペットの事を思いペットの事を第一に考えての愛情の心でやってあげる事に
間違いはないと思っています。いえ、ない事を願っています。

これからもユキちゃんがお2人の下で幸せに暮らして行ける事が
ユキちゃんにとって一番の幸せだと信じて疑いません。
長い文章になり失礼しました。

ユキちゃん、そうだったのですね。。。

避妊手術って、皆さんも書かれている通り、難しいですよね。
この子の子供はもう一生望めなくなるのか。。。
って思うと、とてもかわいそうでやりきれなく
なってしまいます。
でも、ネコとヒトとがいい関係で暮らしていくためには、
仕方の無いことと言えば仕方の無いこと。
結局、それもヒトのエゴと言われたら返す言葉は無いのですけど。。。

こういうことを言い始めると、ヒトが動物をペットとして
飼ったりしていいのか?
って話にまで発展してしまいかねませんね。
でも、ヒトもネコもお互いに幸せに暮らしていけるのであれば、
堅苦しい事言わずに、それでいいんじゃないのかなー?
って、個人的には思っています。
だから、手術する事が、ユキちゃんととおちゃさんかあちゃさんとが
幸せに暮らせる道なのであれば、それは正しい選択
だったんだと思います。

とにかく今は、ユキちゃんが早く全快してくれる事を
祈っていますねー^^
(もうずいぶん元気そうですけど^^)

食欲もウンチも◎で、良かったね。
一般的な手術でも、心配ですよね。
抜糸にいかないと行けないのかしら?
避妊すると太りやすくなるというので、気をつけてね~ユキちゃん。

ユキたん手術だったんですね。
ユキたんもユキの飼い主さんもご苦労さまでした☆
梅こぶ茶は人によって考え方は色々だと思っています。
だからあまり思い悩まずユキたんとの幸せな生活を楽しんでくださいね。
う~ん、言葉にするって難しいですね。

ユキちゃん避妊手術をしたのですね。
女の子はお腹を開けるからとっても
大変ですよね・・傷跡も痛々しくて・・・
わたしも二人の子供が見たくて避妊去勢してなく、にゃーちゃんは
避妊したもののにゃんごはいまだにしていません。
手術を決断するのを悩まれたのは、私もよ~く分かります。
ユキちゃんが手術をしたことで、いつまでも健康で長生きしてくれるといいですね・・・

更新されていなかったので
お忙しいのかなぁ?って思っていたのですが
そういう事があったんですね・・・
今はゆっくりと
ユキちゃんとの時間を大切にしてあげてくださいね(^ ^)
我が家の子達は全員避妊去勢手術をしています。
♂のミニ男の去勢だけは夫が強く反対していました
男同士、何か感じるものがあったのでしょうね(^ ^;)
でも、スプレー行動(マーキング)が始まってしまったので
有無を言わさず病院に連れて行きました。
手術の有無には賛否両論いろいろありますが
飼い主さんの愛情があればどちらでも構わないと思います。
とぉちゃさんもかぁちゃさんも
ユキちゃんへの愛情がいっぱいいっぱい溢れているのは
ブログを拝見していてとても伝わってきます
ご自分の決断に自信を持ってくださいね(*^ ^*)

とぉちゃさんのドラえもんの手、とても心配です。
大丈夫ですか?

ユキちゃんの避妊手術が無事終わってとりあえずよかったですね、お疲れ様です★
避妊去勢に関しての考えはほんとに人それぞれで一概にどちらが正しいという問題でもなく非常に難しいですよね。
私もやはり同じように悩みましたし結果的にしめじに去勢をしたことに後悔はしていないけれど、今でも時折結局は自分の都合を押し付けたのではないか?と思うと申し訳ない気持になったり自分を責める気持になったりもします。
猫を愛する人ならば一度はきっと葛藤する問題でもあり永遠のテーマなのかもしれないなと思います。
でも一番大切なのは自分の愛猫を愛しているそのゆるぎない気持ちだと思います。
ユキちゃんにもきっとその気持は伝わっているはず。
だからかあちゃさん安心していいと思いますよ★

長々と書いたわりにはまとまらなくてごめんなさい(>▽<;;

ユキちゃん手術だったんですね。
無事に終わって良かったです。
食欲もあって元気の様なので安心しました。
女の子は、お腹を切るので心配でしたでしょう。
避妊、去勢は飼い主にとって悩むところですよね。
かぁちゃさんが言っていたとおり私もちびくんの子供を望んで悩みました。
結局、去勢したけど、その時期は愛情を持って飼っている飼い主が決める事だと思います。
ユキちゃんを大事に思って今と思ったのだから今で良かったのだと思います^^
とぉちゃの手がドラえもんって・・・大丈夫ですか?

ユキちゃん手術お疲れ様でした。
うちの場合は旦那さんの連れニャンコなので、そういう体験を私はしたことないので、わからないんですが、旦那さんは、一回くらいは出産体験させて子供残してあげたかったなぁ。って言います。うちは、初サカリの時に、家族が外出から戻ると不細工な野良がパピ子にのっかてたらしく、その上周りには5~6匹オス猫が・・・。即効でそのまま病院に行って避妊したらしいです(-"-;)
猫が自由に出入りできるドアがあるのもどうかと・・・って感じですよね。

人それぞれなので何とも言えませんが、ユキちゃんを大事に思ってる気持ちはユキちゃんにはちゃんと伝わってると思います。済んだことより、かあちゃさんととおちゃさんのもとで幸せにこれからも過ごしていくこれからが一番大切なんだと思います(^∀^)
悩んだ結果の決断・・・それが◎の答えだと思いますよ。

こんにちは~
ユキちゃんは元気ですか?
皆さんこの問題ではやっぱり
悩まれているのがよーくわかります。
この前コメした内容で、人間側のエゴでって書かせて貰いましたが、
言葉が適切ではなかったかなっと思いまして・・・
動機に愛がない身勝手という事を言いたかったんです。
ユキちゃんを思う愛に満ち溢れていらっしゃる
ユキちゃんの飼い主さんですから、判断に間違いはなかったと思いますよ
という事を言いたかったんです。
子供を望んでいるぱんのインプラントも
記事にも書きましたが、やっぱり毎日
悩む事ばかりです・・
それとくりは5月に去勢をする予定です。
ぱんも体の関係であと1回、そのあとは、皆避妊、去勢をして
穏やかな暮らしが出来ればなと思っています。

こんにちは
ゆっち順調でよかったですぅ
動物も人間も関係なく家族なのですから
家族で話し合って決めたことが
最善だと思います。
女の子は普段の生活に戻るまで
少し時間がかかりますね
お大事にですぅ

■コメントありがとうございます■

◆みなさまへ
たくさんの方から貴重なご意見をいただきました。
ホントにありがとうございます。
みなさまからのコメント、どれを読んでも涙が出そうでした。
避妊手術の日程を決めた日からかぁちゃの心の中には「ゆっちに申し訳ない」という重~い重~い固まりがあり、当日、病院に置いてきた後はさらに重くなって病院から帰ってきた時も重さはさらに増して・・・・。
そんな気持ちに押しつぶされそうになっていたかぁちゃなのでしたが、みなさまのコメントでずいぶん軽くなりました。
本当に本当に感謝であります。


★むーちゃんママさん
後悔はないと思います。
でもさすがにゆっちを病院にあずけて自宅に戻る時に同じ女としての気持ちなのか、少し切なくなって泣いてしまいました。
「もう、子供は産めないんだなぁ・・・。」って。
でも、子供が産めなくてもゆっちはゆっちだもんね。
今までと何も変わらないんですよね。


★ぺんこさん
そうですね、飼い主の勝手で体に傷を付けてしまったのだから元気がない姿は本当にこたえます。
でも日に日に元気になってゆく姿を見ると、痛い思いをさせてしまったのにいつもと変わらない態度をとってくれたのがさらに涙を誘いましたね。
ゆっちの場合は何度も発情を迎えてるので子宮・卵巣の病気は防げても乳腺腫瘍は防げないんですよね。
なるか、ならないかは分からないけど乳腺腫瘍に関しては飼い主も敏感になっています。
これからも気にしていかないといけない事だと思っております。


★とら。主さん
今の今まで手術をしなかった事がず~っとず~っと心の中で「罪悪感」として居座り続けていて手術が終わった後もそれはなかなか取り除けない心のしこりになっていたのですが、たくさんの方の優しいお声でそのしこりも少しずつ砕けてきました。
手術をする、しないどっちにしてもそれは飼い主が決めることですものね。
痛い思いをさせてしまう事は本当に辛いけど飼い主とゆっちとず~っとず~っと平和に暮らしていく要素の1つとして考えれればいいかなぁ?と思えるようになりました。


★ゆみりんさん
避妊をする事があたり前という考え方、もちろん正しい事だと思います。
私はゆっちに自分のわがままを求め過ぎていたのかもしれません。
ゆみりんさんのように不幸な子をつくらないと言う事は絶対大切な事だし、それ以外にも将来的な病気の事や発情中のストレスなど、避妊手術によって本猫が幸せになることってたくさんありますよね。
そうと知っていてもどしても手術に踏み込めなかった自分がとっても恥ずかしく、ゆっちには辛い思いをさせてしまったと反省しております。
手術をしたってゆっちはゆっちなんですよね。
これからの生活を、よりゆっちが幸せと思えるようなものにしていけたらと思っております。
はい、ゆっちもお腹、つるつるです(笑。


★べにゃさん
猫ちゃんに子供を産ませた後の飼い主の無責任な行動は絶対に許せない事ですね。
私がゆっちの子供を諦めた理由の中には生まれた子供の新しい飼い主さんを探すことも入っていました。
猫ちゃんは通常は何匹生まれてくるか分からないですよね。
もし、新しい飼い主さんが見つからないとなったらもちろん私達の元で育てていく事は考えていましたが、その産まれてくる未知の数、私達で育てきれる数なのだろうかと悩みました。
住居的な問題、経済的な問題、たくさん有りました。
よく考えた末、明確な未来が見えないため断念しました。
今となれば、先走らなくてよかったと内心安心しています。
今後はゆっち一筋、きっと今以上に親バカになるかもしれません。


★mimioさん
自分なりに繁殖について調べたつもりでいてもまだまだ知識が足りない事がたくさんでした。
そんな状態でゆっちの子供が欲しいだなんてホントに無責任ですよね。
その事に気が付くのがこんなに遅れてしまった事、反省です。
ゆっちに申し訳ないことをしてしまった分、これからもっともっと愛情を注いでいきたいと思っております。


★お館さん
ホントにホントに順調に回復してくれて頑張ってくれたゆっちに感謝です。
飼い主のわがままに振り回してしまってホントに申し訳なく思っております。
勝手なことをした飼い主に対していつものようにふるまってくれるゆっちの姿を見て涙が出てしましました。
頼りない、情けない、飼い主だけどそれでも一緒にいたいと思ってくれてるのかな・・・これからは今以上に愛情を注いでいけたらと思っております。


★スイさん
元気のでるコメントをありがとうございます。
そうですよね、この事はスイさんのように「迎える前」に考える事ですよね。
のんびりし過ぎた事にとても反省です。
手術後も変わらない態度でいてくれるゆっちに胸が痛みます。
元気でいてくれる事がないによりの救いです。






★弥生さん
ももちゃん、腫れていたのですね。
弥生さんのコメントを読んで今度の検診の時にうちの子はどうだったのか聞いてみようかな?と思いました。
もう手術が終わってるので聞いてどうなる事でもないのですが、今後あるかどうかも分からない参考として・・・。
自分の反省のためにでもと。
痛い思いをさせてしまったのに小麦ちゃんのように元気な姿を見せてくれると切なくなってしまいますね。
飼い主にとってはなによりの救いですね。
避妊後の食事の事もちゃんと獣医さんに相談しないとと思っています。
そんなに出るんですかね?食欲(笑。


★you-bo-boさん
meくんも無事に終わって良かったです。
不妊手術に男の子も女の子もないですよね。
どちらも麻酔をしたり体にメスを入れる事は同じですし、術後も順調に回復するか抜糸までは気が休まりませんね。
男の子は抜糸あるのかな?
病院によるのかもしれませんね。
meくんも何事もなく回復しますように。


★おまめさん
そうでしたか、キノコちゃんもまだでしたか。
私も悩んで悩んで今回決心しました。
もちろん、後悔はしていませんが、絶対に避妊した方がいいとは言えないです。
する、しない、どちらにしてもそれは飼い主の都合ですものね。
今回私は将来的に子宮や卵巣の病気予防と発情中のストレス除去のために手術を決意しました。
もう何度も発情しているので乳腺腫瘍等の病気は防げないかもしれないけど。
でも、避妊をしなかったからといって絶対に子宮や卵巣の病気になるとは限らないし、避妊手術の影響で体調を壊してしまう子もいるというお話もあります。
どちらがいいかは、誰にも分からないことです。
飼い主さんが1番納得のいくやり方が1番だと思います。


★ぽん母さん
2度も気に掛けてくださってありがとうございます。
そうですね、出産する事にしても避妊する事にしてもどちらにしても飼い主が愛情を持って、本猫になるべく辛い思いをさせないようにする事が1番大事な事ですよね。
どんな時でもベストな状態を飼い主がちゃんと見極めてあげる事が大切なんだと思います。
実はゆっちの手術が伸びてしまった理由に発情時期がありました。
何度も手術に踏み込もうと思っていたのですが、ゆっちの場合発情が頻繁にあり、発情中の手術は出血が多くなる可能性があるって気かさせれていたのでどうしてもそれを避けたかったのです。
それを待っていたらどんどん日にちが経ってしまって。
そうこうしてうるうちに飼い主の決心も鈍ってきてしまったり・・・。
で、結局今回ゆっちは発情の始まりかけの時に手術をしました。
幸い、大変な事もなかったようですが、やっぱり可能な限り体調万全を見極めてあげたかったです。
ゆっちもどんどん元気になってくれてる事が飼い主の救いであります。


★にーちんさん
このことに関してはもう終わりのない果てしない課題ですね。
にーちんさんの言うように>ヒトもネコもお互いに幸せに暮らしていけるのであれば、
堅苦しい事言わずに、それでいいんじゃないのかなー?
1番大事な事ですね。
お互いに幸せ、大切な事です。
避妊手術にしても一時は辛い思いをさせてしまうけど、それがこれから先、猫にとってもヒトにとっても幸せにつながる事なのならば、必要な事です。
辛い思いをさせてしまった分はその後の生活でいっぱい愛情を注ぐ事で許してもらえるかな?なんてこんな感じでいいのかもしれませんね。


★ハムリンさん
ニャン太くんは去勢手術のあと、結構吐いてしまっていましたよね。
ゆっちもそうなるかなぁ?と思っていたけど、まったく吐き気もありませんでした。
日帰りで帰ってきたのでまだ麻酔が残っていてきちんと歩く事が出来ない状態だったのに。
その姿で少し気持ちが救われましたね。
抜糸は11日に行きます。
内側の糸は溶ける糸ですが、外側は抜糸しないといけないようです。


★梅こぶ茶さん
そうですね、術前、術直後は凄く悩みましたが、今となっては飼い主と猫本人が幸せであれば、それでいいかなと思うようにしました。
もう手術してしまったものはどうもがいても元には戻らないのだからこれから先のゆっちの幸せをいっぱい考えるようになりました♪


★nyannyaさん
そうですね、今は手術した事がゆっちにとってプラスな事でありますようにと願うばかりです。
もう、後には引けない。元には戻らない。そんな事は考えないように、これから先の私達とゆっちの幸せを考えようと思っています。

★sakuramamaさん
何も報告のないままお休みしてしまってスミマセン。
そですよね、手術をする、しない、どっちにしてもそこに愛情があるかないかの問題ですよね。
愛情があるのならばどちらも間違った事ではないですよね。
ただ今回私は、手術する時期が飼い主のわがままで遅くなってしまったことに罪悪感を感じていました。
決断を鈍ってしまった事が私達の悪いところだなと思っております。
飼い主のそんな気持ちもつゆ知らず、ゆっち自身は順調に回復してくれてます。
ホントにゆっちには感謝です。


★オミュロンさん
今回は私、結構凹んでいたのですが、オミュロンさんはじめ、みなさまのコメントで元気付けられました。
みなさま、同じ事を言ってくださいました。
愛情があれば、それでいいのだと。
そんな言葉が今の私にはとっても励みになりました。
そして、1番の救いはゆっちの回復力。
ゆっちが1番辛い思いをしたのにゆっちに励まされた飼い主、情けないですね(笑。


★kchinさん
励ましのお言葉、本当にありがとうです。
ホントにそうですよね、手術をするにしたって出産するにしたって、そこに愛情があるか、ないか、そこが大事なところですよね。
一大事なのはゆっちの方なのに私の方がオロオロしてしまって情けない飼い主です。
辛い思いをさせてしまった分、これからも愛情いっぱいで接していきたいと思っております。


★まこさん
パピ子ちゃんの状況を想像してしまいました(汗。
お外に出る猫ちゃんはそうゆう状況になりえますものね。
私達の思いがゆっちに伝わってるかどうかは未知なる世界(笑)だけど、いつか伝わるように、これからも愛情をたっぷり注いでいけたらなと思います。
今回の事は本当にみなさまに励まされ、ゆっち自身に元気をもらっちゃいました。


★snailさん
そうですね、飼い主自身が後悔してたり、オロオロしてたんじゃ、余計によっちに負担になってしまいそうですよね。
もっとしっかり飼い主しなくちゃですね。
ゆっちは飼い主が想像していたより凄く順調に回復しております。
それがまた、私達に元気をくれるのですよね。

こんばんは~
ああー良かったです^^
ユキちゃんの飼い主さんが少しでも
元気になられて本当によかった~
でも考えて見て下さい!
自分がユキちゃんだったなら・・・
絶対嫌いにならないでしょ
人間と一緒に暮らすペットは無償の
愛を与えてくれます。
だから人間は一杯一杯可愛がってあげて、
人間に近づく為の生まれ変わりの命のボランテイアを
やらせて貰っているんですって・・
江原さんが言ってらっしゃいましたよ

私も知りませんでした。
出血の事・・その時々に知る事ばかりです。
でもその子に合わせて色々考えられたらいいですね^^
またユキちゃんの元気な姿、見せて下さいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekononamidaa.blog94.fc2.com/tb.php/390-a5e7230d

 | HOME | 

プロフィール

ユキの飼い主

Author:ユキの飼い主
ユキを溺愛する飼い主。
夫婦で親バカやってます。

かぁちゃ:ブログを更新する人。
とぉちゃ:ブログが更新されてるか
チェックする人。
ユキ:アメリカンショートヘア♀
     2004年12月31日生まれ。
   

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お知らせ

◆当ブログはリンクフリーですが、コメント欄にでもご連絡いただけると嬉しいです♪

◆トラックバックについては管理人認証後、表示されます。

◆当ブログ内容に無関係なコメント・トラックバックにつきましては管理人の判断で削除させてい   ただく場合がございますのでご了承くださいませ。

メールフォーム

ユキの飼い主にjumee☆mail1aメールを送る。

猫温度計

FC2カウンター

お気に入りブログ

リンク

いつでも里親募集中

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。